自動車の『全損』とは文字通り車の全機能が故障した場合つまり走行することができないなど移動手段の車として機能を満たせなくなった状態で判断されますが自動車保険で決められている《全損》はちょっと異なる意味合いが込められていたりします。保険の場合では乗用車が損害を受けた状態で《全損と分損》というように2つの状態区分され『分損』は修理費が保険内でおさまる場合を表現し、それとは反対に『全損』とは修復のお金が保険額を上回る状態を表します。通常では、修理で全損と判断されると車の最重要のエンジンに取り返しのつかないダメージを抱えていたり、車のフレームが歪んでいたりして元に戻すことが不可能である為、再利用か廃車と決められるのが普通です。しかしながら、事故が起こってディーラーや車の保険屋さんがこの修復のお金を見積もりした場合にどんだけ見かけがちゃんとしていて直すことが可能な状態でも修理費が保険額よりも大きければ何のために車の保険に加入しているのか分からなくなるでしょう。そのような状況では、全損と判断して自家用車の権利を車の保険の会社に譲渡して補償額を頂く事になっています。当たり前の事ながら長年使用した車で執着があり、自分のポケットマネーで修理をしてでも使用したいという方はいくらでもいらっしゃいますから状態において自動車の保険屋さんと意見交換するといいのかもしれません。そして、 保険にはそういったケースが考慮されて車両全損時諸費用補償特約など全損時のための特約ついている状況が多々あり、予期せず自動車が全損となった時でも新車購入お金を一部分補償してくれる場合もあったりします。なおかつ盗まれた際の保険金の特約をつけているならば、盗難にあった車が見つけることができない場合も【全損】とされ保険金が支払われることになります。

Copyright © 2002 www.bookertea.com All Rights Reserved.