車の事故が起こった際、あなたが被害者の場合でも先方が間違いをちっとも認めないことはかなり聞くことがあります。意思と関係して起したのではなく注意散漫で乗っていた車を当てられた際にそうした言い争いに結果なってしまう場面があります。だからと言って、事故現場で自動車だけの交通事故対応され、時間が経って体の変調が出た時にかかった病院の参考になる診断書出すというのは対処が遅くなるのは仕方がなくなります。そうであるならば、事故の過失割合はどんな風な判断基準が設けられているのでしょうか?厳密に言うと、警察署が決めるのは、核として車の事故の大きな落ち度が認識されるのはどちらであるかという責任の所在であって、割合というわけではないのです。まして、決定された事故の責任者が警察から公表される事態はありません。過失割合は事故当事者の協議の結果によって決定され、これが賠償の基準です。関係者全員が任意で加入できる保険に入っていない時は、両方がダイレクトに話し合いすることしかできません。ところが、このやり取りでは、冷静さを失った押し問答になる状況が高いです。その上、互いの言い分に相違があれば悪くすると、係争になりますが、その場合時間と訴訟費用かなり大きな損は避けられません。それにより多くの場合事故に関わってしまったそれぞれの当事者についている自動車の保険の会社に、このようにお互いの保険の会社に協議を頼む手段を利用して、適度な割合を落ち着いて決めさせます。この時には自動車保険会社は、以前の交通事故の裁判によって導きだされた判断から決定した認定基準、判例集を土台として仮定と調整で「過失割合」を決めます。と言っても、車の事故の際には、不幸にも関わってしまったのか起こしたのかには関係なく真っ先に警察を呼ぶのが絶対です。その後で自動車保険の会社にやり取りをして、その先の調整をお願いするのが手順となります。この順序さえ把握しておけば、当事者同士の建設的でない議論となるケースを回避できるに違いないのです。

Copyright © 2002 www.bookertea.com All Rights Reserved.